読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇であるための生活

暇じゃなくても暇でありたい

現代ビジネスの「金メダルの数とGDPの関係」の記事の違和感

オリンピックでのメダル獲得数とGDPの関係について、講談社「現代ビジネス」の記事を読んで、統計トリックがトリックにもなってないほどひどいのでちょっと取り上げてみる。

感覚的に「先進国のほうがメダルを多く取ってる」というイメージがあるけど、実際算出してみたっていう記事。

 

gendai.ismedia.jp

 

おかしいのは↓の図1。

 

f:id:himatuna:20160822173710p:plain

          図1

 

統計を少しでもやったことある人、理系な人からしたら”どう見てもおかしい”近似曲線。

基本的に「外れ値」がある場合は、外れ値によって近似曲線も相関係数も大きく変わってしまうため、信頼はできないんだけど、外れ値も含めて算出した相関係数を記事の根拠にしているからとても違和感なわけです。

とは言え、外れ値が偶然にも近似曲線に乗っている可能性もあるので、軽く自分でグラフを作ってみて検証してみる。

 

そもそもデータの使い方、おかしい

まずは国連からGDPをとってきて、同じ散布図を作ってみたもの(図2)

f:id:himatuna:20160822223931p:plain

と、これを作った時点で、作ったことを後悔した。

そもそもGDPの2000年代平均を算出することに意味があるのだろうか。

答えはもちろん、「無い」。

GDPはほぼ全ての国で毎年上がっている。中国なんて平均だと45億ドルだが、2014年は100億を突破している。GDPで国力を測るというのであれば、せめて年ごとの偏差値でも出した方がまだマシだろう。

 

まあ実用的にどの算出方法が良いかは僕にはわからんけど、ここで言いたいのは「経年で大きく変化するGDPを平均値として単一の指標化するのは絶対に間違っている」ということ。

(そしてなぜ僕の作った散布図の相関係数は氏の作った相関係数より遥かに低いのだろうか?)

そもそも論として僕が以降検証してみる意味もないんだけど、一応データ検証という意味で相関について見てみよう。

 

外れ値を含むな

さて、外れ値を含むというのが如何に相関係数において害悪か、というのは見れば明らかだと思う。アメリカというどう見ても外れ値のデータを除いた図をかいてみる。(図3)

f:id:himatuna:20160822224101p:plain

さて、相関係数が随分と小さくなった。

ちなみに相関関数の目安として、

      0.7以上:強い相関

      0.4~0.7:やや相関

      0.2~0.4:弱い相関

         0~0.2:ほぼ相関なし

ということが言われている。

細かい算出方法は置いておくとして、米国1ヶ国を入れるか入れないかでここまで大きく変わってしまうことからわかるように、外れ値を入れたまま相関係数を算出すると誤った値が出てくる可能性が高い(まあ”誤った”という表現は正しくないが、、、)

 

GDPごとに群を形成しているのでは?

さて、次にGDPの低いところにデータが固まっていることに誰もが気がつく。これも相関係数の算出には少しよくない気がする。

ということで、GDPが5,000億ドル以下の国について見てみる。

f:id:himatuna:20160822224628p:plain

これでGDP5,000億ドル以下の国に関しては「GDPと金メダルの数に相関は無い」と言い切ってもいいだろう。確実にGDP以外の要因が大きい。

 

では逆に5000億ドル以上の国はどうなの?ということで見てみる。(図5)

f:id:himatuna:20160822225503p:plain

ここでようやく、メダル数とGDPには相関がある程度見られると言えるだろう。

GDPが5,000億ドル以上の国力の大きい国に関しては、GDPとメダル獲得数に一定の相関がある」といったところか。

そして遂に、「日本の金メダル数は少ない」と言える。一方で「アメリカ・ロシア・中国はメダル数が多い」と言える。(あれ、これって軍事費が高い国…?)

 

だから何、って

別にいいんだけど、講談社ともあろう大手が、たかがwebされどweb、こんな似非統計すら校閲に引っかからないなんて酷すぎるのでは…?ということが言いたかった。

もっとしっかり記事を書いてください!!!

ネット記事って大抵あてにはならないけど、講談社くらいのネームバリューあるなら、やっぱり最低限の信頼は必要だよ。

特に中途半端な科学的手法を使うのはよくない。非科学的な手法ならいくらでもでたらめ記事書いていいと思うけど、科学は科学。NO似非科学

 

うん。実際それ以上でもなんでもなくて、一応批判するなら自分でもデータをいじってみた方が良いかなと思ってデータいじってみたんだけど、特に何も生まなかったしただの時間の無駄だった…(っておい)

 でもデータを見るのは楽しい

 

 

ちょっと思ったこと

と、僕自身がスクリーニングによって無理矢理相関関係を導いてみたところで、かなり恣意的な相関の出し方ではある。GDP5000億以下は無視しよう!ってのはかなり強引。

(まあ言いたいのは僕はこうやって求めるよ!ってことじゃなくて、この記事は酷い!ってことだから…という言い訳)

 

というわけで僕が金メダルの獲得確率をデータから求めようと普通に考るとすると、、、の思考。

①競技人口が多いと獲得確率増える

・・・当然。強い選手が出てくる可能性が高まる。

GDPが高いと獲得確率増える

・・・GDPというよりもスポーツへの投資額。普通に考えたらGDPが高い=投資額も高い、だからGDPが高くてメダル数が少ないと、投資額がGDPに比べて低いと言えなくもない。

③人種の違いによって獲得確率変わる

・・・これは正直、どうしようもないと思う。

 

というわけで、「競技人口×GDP×多様性」、これで分析すると、なかなかおもしろそうなデータは得られそう。

ただ結局は「競技人口を増やせばメダルは増える」って結論になっちゃいそうな気もするけど…

 

あとさっき書いたように軍事費ってもしかしたら関係なくもないかも。軍事費は軍事的な緊張度みたいのが現れる部分だけど、つまり対他国の闘争心のインディケータになる的な感じ。同様の理由でロシアのメダル数が多いのはやっぱりソ連時代の栄光と米国への対抗心だと思うんだけど、どうなんだろう。

 

いつか時間あったらちょっとやってみようかな。時間ないけど。

B級ホラー映画「吸血怪獣チュパカブラ」

”花金”風にのんびりと飲んでいたら普通に終電逃してしまい、タクシーで帰るのもなんか不愉快だったので久々に漫画喫茶(マンボー)にきた。

ところでマンボー、店に求人貼ってあるんだけど社員35万円~ってなかなか破格の待遇。当然深夜勤務なんだろうけど、それでも接客業にしてはかなり高い水準な気がする。

 

さて、そんなマンボーで、せっかくだし映画見るかと思って映画リスト見てたらあんまそそられるのがなくて、なし崩し的にB級ホラーに手を出すことにした。

「生存率0%!!」をキャッチコピーにする「吸血怪獣チュパカブラ

(以下ネタバレ注意)

 

吸血怪獣 チュパカブラ [DVD]
 

2011年のブラジル産ホラー映画。なかなか特撮じみたジャケにちょっと惹かれつつ、どうせクソ映画だろうなと思いながら見ていたら見事にクソ映画だった逸品。

 

あらすじ

南米で目撃されるUMA(未確認動物)で、家畜や人間の血を吸うことで知られるチュパカブラの恐怖を、グロテスクなスプラッター作品を得意とするブラジルのロドリゴ・アラガオン監督が描いた。熱帯雨林に囲まれたブラジル南部のある村では、豊かな土地をめぐってシルヴァ家とカルヴァーリョ家の対立が続いていた。ある日、シルヴァ家の家畜たちが血を抜かれたように死んでいるのが見つかり、続けて一家の父ペドロも惨殺される。カルヴァーリョ家の仕業と思いこんだシルヴァ家の男たちは、銃を手に取り血みどろの抗争を始めるが……。

 

 

うんうん。一切チュパカブラの話出てこないあらすじだけど、実際チュパカブラがほとんど出てこないという大きな罠。

さらに、ジャケではさぞ手の凝ったチュパカブラを登場させるんだろうと思ってたら昔の特撮レベルのチュパカブラUMA感も怪物感もゼロ。ただの着ぐるみでしかなかった…

なんせ基本四速歩行なのに、演者はただの着ぐるみ人間だから走り方がすげーダサい。おぞましさもない。

 

あらすじのさらに先の主要な流れとともに、作品を振り返ろう。

 

父の復讐にシルヴァ一家がカルヴァーリョ一家に攻め込む

・頭を撃たれて殺された母を見てカルヴァーリョ家激怒(当然)

 

両家の激しい(?)銃撃戦に突入、死者多数。シルヴァ家は主人公残し壊滅。

カルヴァーリョ家のデブは腹を撃たれ気絶するも、普通に起き上がって撃たれたとは思えないパフォーマンスを披露

・首撃たれたやつもピンピンしすぎ

・この間、主人公嫁以外のシルヴァ家の女性陣は、シルヴァ邸に唐突に現れたチュパカブラに惨殺される。

チュパカブラがめちゃくちゃダサいことが判明する。

f:id:himatuna:20160820042815p:plain

 

主人公が逃げ出すも一人に見つけられ、追われる。

・見つけたカルヴァーリョ家のやつはかなりドンくさそうなキャラ

・お前には何もできねーよ、ってのが事前にわかってしまうくらいどんくさそう。

 

謎の人食い人間が登場し、主人公と追ってきたカルヴァーリョ家の一人が捕らえられる(唐突!!)

・ひたすらに唐突。両家でもチュパカブラでもない第四者の登場。

・こいつがチュパカブラの正体か!?とも思ったが無論そんなことはなかった

・よくこんなのが潜んでることに気づかないなこいつら…

 

人食い人間がカルヴァーリョ家の一人を食うも、やってきたカルヴァーリョ家の男たちに惨殺される

・食って呪文を唱えると「新しい皮膚が皮膚の下に成長する」という謎の設定で、古くなった皮膚を破り捨てながら興奮している(脱皮)

・ここの皮膚破りの画面はなかなか面白い。この映画で一番好きなシーン

f:id:himatuna:20160820042823p:plain

・しかし主人公を食う前にカルヴァーリョ家の男たちに惨殺される。こいつは何のために出てきたのか…

 

主人公は隙をみて逃げ帰り、追ってきたカルヴァーリョ家とシルヴァ邸で銃撃戦、そこに忽然と姿を現すチュパカブラカルヴァーリョ家の一人を惨殺。

・主人公は多勢に無勢。武器は銃弾の代わりに釘をつめた銃一発分。

・釘は男の手に当たって指を飛ばすが、ただ指がとれたくらいなのに急に出血がすさまじい(まさにスプラッター映画、というような噴出す血)(いやいや今まで腹への銃弾とか首への銃弾とか、ぜんぜん血噴き出てなかったよね…たかが指でなんでいきなり…)

チュパカブラにやられるのを見たのはカルヴァーリョ家の男ただ一人。

 

チュパカブラを捕まえてやろうと、捕らえた主人公を囮にしてチュパカブラをおびき寄せるカルヴァーリョ家の生き残り二人。

チュパカブラ見た男は「悪魔だ…」とびびるも、もう一人の調子乗りがどうしてもチュパカブラを殺したい

・追い詰めたなら、さっさと主人公殺せばいいのにチュパカブラを倒したくなる少年心の男たち。

・この時点で生き残りは主人公と主人公の嫁を合わせて4人。死にすぎ。

 

⑨おびき寄せに成功するも、結局カルヴァーリョ家の一人が死に、ついに両家1人ずつの生き残りになる。

・血におびき寄せられてそうなのに、出血の少ないやつが襲われる謎。チュパカブラの設定あますぎ。

・ここら辺で主人公はカルヴァーリョ家の姉とかつて恋仲にあったことが判明する。主人公は医師を志して町を出、捨てられた姉氏は自殺したとのこと。

・そして主人公は医学を勉強しているも、患者のジャンキーを妊娠させ放校になってしまったと白状。っておい!!お前もくず人間か!!

 

チュパカブラとの死闘、両家ついに協力体制に!!

・さすがに一人じゃ勝てないと悟り、二人が協力。あんまりわくわくしない。

 

チュパカブラに勝利!!主人公のみ生き残る結果になり、疲れ果てた主人公は川辺で回想シーンへ

・頭に銃をぶっ放して勝利。万歳。

・回想シーンがこれまた無駄。カルヴァーリョ家の姉と愛し合っていたころの記憶。無駄にトップレスを披露。無駄無駄。

 

死んでなかったチュパカブラ、主人公に襲い掛かるも返り討ちにあう

・回想してたらチュパカブラ

・死にそうになるも、落ちていた石でチュパカブラの頭を横に完全に破壊する。ここはかなりスプラッターっぽくて、ようやくB級スプラッターって感じだ。

f:id:himatuna:20160820044252p:plain

 

めでたしめでたし。主人公嫁が一人で歩いて主人公発見、大声で呼びかけると主人公はみるみるチュパカブラに変身し…(って、なんでやねん!!)

f:id:himatuna:20160820044011p:plain

f:id:himatuna:20160820044008p:plain

・レビューとか軽く調べても誰も言及してなかったけど、主人公が跨っている「チュパカブラだったやつ」が人間になっている。これ、もしかして自殺したカルヴァーリョ家の姉?

・それとも単純に、殺したやつに伝染するウイルス系の何か?

・謎を残しながら終了。

 

 

謎の出産?

 ところで、後半あたりで一人になった主人公嫁が陣痛を起こし、出産に至っているようなんだけど、なんか怪物みたいのが生まれてたのよね。

f:id:himatuna:20160820042819p:plain

この画像じゃよくわかんないと思うけど、映像で見ててもまったくよくわからんかった。思い出したのはバカ映画「バッドバイオロジー」の出産で生まれる悪魔のような子供。

まあどんなんでもいいんだけど、兎に角主人公嫁からは怪物のようなものが生まれたという事が大事。

そして、何がすごいってこれに対しては、以降一切触れていないところ。

 

怪物のようなものが生まれそう!→動き出す嫁→ん?生まれたの?→よくわからないまま物語は進行。。。

 

いやなんのシーンだよこれ

 

 

総評

・スプラッタ映画に特化するなら、もうちょいスプラッタ表現を増やしてもよかったかな(グロすぎるところは敢えてぼかしてたように見える)

チュパカブラによる殺人よりも、人間同士の殺人のほうが多い(人間が一番の怪物、というメッセージ…なわけない)

チュパカブラが兎に角ダサい(二足歩行なら二足歩行に徹底してしまおう。着ぐるみ四足歩行はダメ絶対)

・皮膚再生のシーンは評価するけど、急に出てきて急に殺されるカニバリズムマンの存在意義あまりにも無い

・オチは実は嫌いではない

 

B級スプラッターのなかでも、そこそこに時間を無駄にしたなと感じるタイプの映画だった。

B級映画はいかにバカでいかに意味がないか、そして何よりいかに時間を無駄にしてしまった感を心に残すかが作品の評価そのものな気がするけど、この映画はあまりにも無駄だった。ほめてない。ほんとに無駄だ。

B級映画で大事なのは時間を無駄にしてしまった感そのものではなくて、時間を適度に無駄してしまった感なのかもしれない。。。

 

とまあこんなもんか。二度と見ないだろう映画に関しては、二度と見なくてもいいようにこうあらすじを書いていこう。

そんなわけで普通にクソ映画だった。

 

30点/100点

・・・20点→おバカなところ

・・・10点→皮膚が再生するところ

 

見た映画「ダラス・バイヤーズクラブ」

ダラス・バイヤーズクラブ

 

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]

 

 

公開当時映画館で見ようと思ったら公開が終わってて、レンタル始まった時はレンタルしたんだけど見る時間なくて返してしまい、三度目の正直としてauビデオパスで見つけたので見てみた。

auビデオパスというのも、ただの解約し忘れで勿体無いから無理やり映画見ようとしてるだけ…)

 

さて、ダラス・バイヤーズクラブ。ざっくりとした粗筋fromWikipediaは

1985年ダラス、電気技師でロデオ・カウボーイのロン・ウッドルーフは「エイズで余命30日」と宣告される。当時まだエイズは「ゲイ特有の病気」だと一般的には思い込まれており、無類の女好きであるロンは診断結果を信じようとしなかったが、詳しく調べるうち、異性との性交渉でも感染することを知る。しかし友人や同僚たちに疎んじられ、居場所を失ってゆく。

治療薬のAZTは、当時臨床試験が開始されたばかりだった。AZTの存在を知ったロンは主治医のイヴ・サックスに処方してくれと迫るが、イヴは藁にもすがりたい患者の思いを知りつつも、「安全性が確認されていない薬を処方することはできない」と突っぱねる。その治験に協力していたのが、トランスジェンダーレイヨンだった。

 

ホモ嫌いのジャンキーがエイズになる→生き延びたくて必死になる→エイズ治療の商売に目覚めビジネスを展開する→???

という実話に基づいたお話。 

 

AZTって本当に悪なの

しかしまあ時代。「異性との性交渉でもエイズになる」なんていう常識が映画当時では非常識のようで、世の中の認識の変化も早いなと。無論今でもエイズ=ホモ、というイメージはあるだろうけど。

そして無知だなと実感するのは、AZTという治療薬とその他の治療薬について。物語の流れとしては

AZTがエイズに効くらしい→AZTを頑張って手に入れ服用するも副作用にやられる→AZTは悪いもので利権にまみれた”商品”→もっと良い治療薬を使わなければ!!

となるんだけども、AZTって本当に悪いものなのか?、という疑問。

 

この映画、見ればわかるけど兎にも角にも「AZTは利権にまみれた悪い薬、本当に患者に良い薬はアメリカ未認可の薬。でも利権にまみれてるから認可は全く出さない。くそくらえ!!」というメッセージが強い。最後の最後までAZTは悪、としか描かれていない。

でも実話を基にしたと謳うからこそ、本当にそうなのか?と疑問に思ったり。調べてみると実際にAZTは広く使われているようだし。

 

ちょっとここは作り手の思想が強すぎたような気もしなくない(とは言え、商業映画としてはこう作らなくてはいけないでしょう)

 

やっぱり演技が良い 

ストーリーとしては、うまくできてると思う。起承転結、よくできてる。

ゲイ・エイズ・ドラッグ・裏ビジネス・反体制、実にアメリカらしいテーマだとは思うけどそれがまた良い。

(こういうテーマ、仮に日本でできたとしてもどこかサブいだろうし)

 

ただ、特筆するのはやはり主演のマシュー・マコノヒーと、助演のジャレッド・レトの演技。主演男優賞助演男優賞各賞総なめも頷けるというか、これ以上の出来はないくらいの演技。

よくもまああの甘いフェイスからここまでジャンキー感漂うアメリカ低所得層オヤジになれたな、のマシュー・マコノヒー

f:id:himatuna:20160819042130j:plain  ⇒ f:id:himatuna:20160819042312p:plain

”粗野な南部のオヤジ”度は完全に100%。しかしキャスティング段階でここまでの完成を想定していたのだろうか…。蓋開けてみれば完全にハマり役だけど。

天才的な演技。粗野な男が一転感傷的になるシーンは特に素晴らしく、心にぐっとくる演技をしてくれてる。

 

そして、ストイックすぎる役作りで作品ごとに体重体型が別人のように様変わりするジャレッド・レトは、今回は完璧なオネエ系のゲイに擬態。これがもうこれ以上ない位にゲイだし、なにより”エイズでやつれているゲイ”感を素晴らしく表現できている。

絶妙なゲイ感というか、なんだろう見てる時のしっくり感は。些細な動きから研究してるんだろうなって感じ。どっからどう見ても本物のゲイにしか見えない。

ちなみに親父と会ってるシーンは泣きそうになった。

 

とまあ、この二人の演技だけでも映画に見る価値あるんじゃないかなってくらい。そんくらいよくできてる。すごいね、俳優って。

 

総評 

そんなわけでダラス・バイヤーズクラブ。今更感想言うのも恥ずかしいけど、完全に良い作品。ちょっと残念なのは、僕みたいな懐疑的人間には「ほんとにそうか?ほんとはこうじゃない?」とか無駄な思考が進んでしまうからよくない。「実話を基に」してなければこうはならなかっただろうし、完全に僕が悪い。

 

暇があったら、そしてビデオパス大会し忘れていたりしたら、ぜひ見ましょう。

 

80点/100点

・・・40点→二人の演技

・・・20点→ストーリーの大筋

・・・10点→アメリカっぽいところ

・・・10点→いろいろ考えちゃうところ

 

 

 

そういえば・・・余談

 

ジャレッド・レト、アメコミ大集結映画の「スーサイド・スクワット」にジョーカー役で出てるけど、結構叩かれているみたいね。

それもそのはず、ジョーカーと言ったらジャック・ニコルソンの無敵の演技と、ヒース・レジャーの狂気とも言える怪演が凄まじすぎて。そこに飛び込むこのジョーカー。

f:id:himatuna:20160819045747j:plain

いやいやいや、、、、誰だよ、、、

ジョーカーってさ、もっとさ、、、うーん、、、

はじめに?

暇であるために、ブログを書こうかと思いまして。

というのも、僕は今大学を休学中、「インターン」という闇の肩書で社畜のような暮らしをしているのですが、”暇である”というアイデンティティを失いつつあります。

 

暇っぽく人生楽しんでいる感をブログで発散しよう。というワケです。

 

とは言え、まあSNSを触らなくなって久しいけどデジタルネイティブとして備忘録はやっぱりネットに!という点も大いにあります。

(もはや周囲で誰もやってないけどブログ。あまりに今更すぎる始まり。)

 

できれば毎日、最低でも一週間に一本くらいは記事を書こう。頑張れ飽き性の自分。